1. 【看護師悩みを解消!】TOP >> 労働環境

労働環境が悪い

看護師は人気の職業の一つです。給与も良いのでなりたいという人も多いでしょう。また、求人も多いので、就職しやすい職業でもあります。求人が多い理由ですが、売り手市場のため、一つの職場を辞めてもすぐに他の職場に就くことができるため、辞めやすいというのが一つあります。この世界は恒久的に人手不足に悩まされているのです。

看護師が辞める人が後を絶たなかったり、転職する人が多いのは、売り手市場なだけではなく、その労働環境にあります。その職場には労働環境があまりよくないところも多いようです。大病院は夜勤などもありますし、クリニックなどの病院は小さいので、労働者を保護するようなシステムが完備されていないところも多々あります。

まずはその勤務形態です。急性病院や総合病院では夜勤はつきものですので、月4〜5回は夜勤があります。病院によってはそれ以上のところもあるようです。週末や祝日の出勤も多くみられます。シフトの時間がばらばらだと、かなりストレスを感じ、疲れやすくなってしまうのです。また、病院での勤務は、狭い環境で、他の同僚とも密に連絡をしあうので人間関係がうまくいかないことも多く、ストレスの原因になります。

看護師は常に人手不足に悩まされている状態なので、勤めていると1人1人に対する仕事量が多くなり、負担が重くなることが多々あります。1看護師に対し、患者の人数によって労働負担が図られますが、看護師1人に対して患者7人くらいまでが理想です。それを上回ると負担も増加し、また患者も面倒を見てもらえなくなります。ただし、人手不足のためこの患者数を上回る人数の世話をすることも多くかなりの負担となります。ましてや、夜勤の場合は、それ以上の患者数の面倒を見ることになります。病院勤めは、労働条件が過酷なため辞める人が増え、そのため人手不足が加速し、また労働条件が悪くなるという悪循環を繰り返しています。

他の病院への転職を考えている場合は、病院の雰囲気や環境をよく調べてから入社することが理想です。インターネットの口コミサイトなどがありますので、そういったところも利用して調べておきます。看護師の求人にはやはり多くの情報を抱える転職サイトへの登録がおすすめです。転職サイトでは、専門のコンサルタントがいますので、コンサルタントに色々と相談することが出来ます。コンサルタントは、多くの情報を持っていますので、転職先の職場環境についても調べてくれたり、環境の良いところなどを紹介してくれます。

↓希望する条件で求人を探すならこの看護師求人サイトがオススメ↓

▲このページの先頭へ戻る