1. 【看護師悩みを解消!】TOP >> 大学病院

大学病院で働く看護師の悩み

大学病院で働く看護師だからこその悩みは誰しもあることでしょう。大学病院では、診療科目や病院の方針によっても異なりますが、共通して言えることがいくつかあります。大学病院では教育施設という機能を持っているので、教育設備が揃っており、勉強会や研修会などで最新医療の知識のスキルアップが望める環境が整っているのです。また、大学病院では大きな組織として、役割分担がしっかりとされています。

医療行為は医師の指導の下で行うと決まっていますが、在籍している医師の数が多いので、実際は研修医が点滴などの手技対応を行っています。つまり看護師は、看護業務のみに専念できるということです。また、就業規則も厳しいため、大幅は時間外労働を強要されることはありません。家庭を持っている人や時間に余裕を持ちたいなど女性の働きやすい就業環境と言えるでしょう。

しかし、勉強会や研修会は必須参加になっていることが多いため、知識のスキルアップにはなりますが、プライベートの時間を会や自宅での勉強に費やさなければならないため、思ったよりも時間に余裕がなくなってしまうという現状があります。また、大学病院の看護師は使えない看護師と言われる通り、大学病院以外では採血以外の点滴、医療行為の補助スキルを求められるので、転職した場合は医療行為における実務の経験不足になってしまうという不安があります。

その他、大学病院はとても大きな組織のため、看護師だけでも何百人も勤務しているという病院も存在します。そのような沢山の人間関係の中でうまく馴染むことができずにストレスを感じてしまう方も少なくありません。大学病院ではメリットがデメリットでもあるという特徴があるのです。勤務する看護師の方の目指すものにより向き不向きに分かれると言えるでしょう。

現在大学病院で働いていて転職を考えているのであれば、実務経験不足になってしまうので早めの転職をおすすめします。自分の看護師としてのやりたいと思える方向性を決めて、自分に合った多数の求人を見比べて転職先を検討しましょう。看護師の求人情報は多いですが、ハローワークや求人フリーペーパーや情報誌には募集を掲載しない病院もありますので、多数の求人情報を見るなら専門の転職サイトが適しています。

また、大学病院で働きたいと考えている方も転職サイトの利用をおすすめします。大学病院の求人情報も一般には出ることが少ないので、転職サイトを利用するか、直接働きたいと思っている病院に問い合わせするのが適切です。

↓希望する条件で求人を探すならこの看護師求人サイトがオススメ↓

▲このページの先頭へ戻る