1. 【看護師悩みを解消!】TOP >> セクハラ

セクハラが酷い

看護師は女性社会ですが、この世界にもセクハラはあります。看護師の場合は同僚ではなく、医師や部長、そして患者さんなどからのセクハラが多いようです。患者さんは、言葉によるハラスメントをしたり、病棟などで、看護師が来るのを待ち構えているような人もいます。こういったセクハラを受けると若い看護師さんは精神的ショックを受けてしまう人も多いようです。患者さんからのセクハラについては、師長、院長に報告をきちんとして対応してもらう必要があります。対処の方法は、まずは主任など同じ同僚からの注意。同僚からの注意で効果がない場合は、担任の医師などからの注意をしてもらいます。また、入院や通院についても協議を行います。それでも性的嫌がらせが止まない場合には、患者の家族に相談することも検討が必要です。患者からセクハラを受けた場合は、自分一人で対応しようとしないことが大切です。主任や部長などまずは上司に相談するようにしましょう。

セクハラは患者さん以外にも、同じ職場の人間から受ける場合もあります。男性の部長や医師などからです。この場合も、まずは自分の上司に報告することが大切です。昔からの体質を引きずっている病院などでは、そういったハラスメントについて深刻に対応してくれないところもあります。この対応については、相談した上司次第というところもあります。真剣に取り合ってくれる上司であれば、配置換えや問題の医師と夜勤をしないよう気を使ってくれたりと色々と対処してくれます。その医師に他にも問題があれば、医師の配置換えという事もありえます。セクハラがあることを報告しても何も解決してくれない様な上司がいるようでは、今後も問題があったときもあまり取り合ってくれない可能性があります。

あまりに問題が解決せず、自分ばかりがつらい思いをしているようなら、思い切って転職を考えるのも良いかもしれません。現在は、職場内でのハラスメントを重要視して、会社や病院全体で性的嫌がらせを撲滅させるような徹底したルールを敷いているような病院も多くあります。転職をして今までのつらい状況がうそのように改善するという可能性もあります。転職先でもそのような嫌がらせを受けないために、転職する前に病院の傾向について出来るだけ調べておきたいものです。看護師専門の転職エージェントに登録して、キャリアコンサルタントにも相談して病院を調べてもらうのが良いでしょう。

キャリアコンサルタントは、知識が豊富で多くの情報を持っています。非公開求人などもあり、良い求人を紹介してくれます。

↓希望する条件で求人を探すならこの看護師求人サイトがオススメ↓

▲このページの先頭へ戻る