1. 【看護師悩みを解消!】TOP >> 自己PR

看護師の自己PR

転職するにあたり履歴書の書き方に悩む人は多いでしょう。確かに履歴書の内容によりイメージが変わることは大いにあります。過去の実績や経験、志望動機、将来の目標など具体的かつ的確に書くことが求められます。面接に臨むにあたっても同じことがいえます。また対面でやりとりするため、服装や身だしなみはとても重要になります。第一印象が与える影響は大きいです。新卒では学校からの指導、転職組は支援機関からレクチャーを受け、履歴書や面接に対する傾向と対策を学びます。専門的なアドバイスを受けるのは良いのですが、すべてがマニュアル化してしまい、結果的に自己PRできなくなっているのも事実です。

内容が似た履歴書、ありきたりの受け答えしかできない面接のため、求職者の違いがあまり見られないとの指摘がなされています。マニュアル化して訓練することは悪くないのですが、企業側が求めている人材とのギャップあり、内定がなかなか貰えないとの事態が起きています。よく個性と言いますが無難な履歴書や面接より、多少荒々しくてもその人らしい自己アピールが好印象を与えるものです。企業側からすると皆が金太郎飴のように見えるようです。

他方、看護師の転職事情はどうでしょうか?履歴書の書き方も大事でしょうが、一般的な会社員とは違う特徴が見えてきます。そもそも会社員の場合は、前職とは違う職種に転職することが少なくありません。よって過去の経歴が重視されます。看護師の多くは同じ看護職として転職していきます。履歴書で自己PRすることはたかがしれています。むしろ面接が重要になるでしょう。今まで経験してきた診療科をアピールすることも大事でしょう。

しかし自己PRするときのコツは、過去の失敗から何を学び、どのように対応してきたかを自分なりの言葉で語ることが訴えの力になります。ネガティブな過去は避けたいものですが、その経験を糧にして新しい事に努力してきた看護師に魅力を感じる医療機関は多いはずです。チャレンジの成果として専門看護師・認定看護師・認定看護管理者の資格をとった、と自己PRすれば専門的なスキルが評価され、好条件の就職も可能になります。あまりマニュアルによらずに、今まで経験してきたことを率直に語ることがポジティブな印象を与えます。ご自身で対策本などを読んで転職に臨んでも限界があります。看護師の転職支援機関に登録をして、専門アドバイザーからレクチャーを受けるのが最善の方法だと思います。

↓看護師求人サイトは求人紹介だけでなく、転職のサポートも充実!

▲このページの先頭へ戻る