1. 【看護師悩みを解消!】TOP >> 学校の保健室

学校の保健室で働く看護師の悩み

学校の保健室で働いている看護師ならではの共通の悩みというものがあるでしょう。

学校の保健室で働いている看護師と言っても様々で、幼稚園〜小学校、中学校、高校、大学などの学校、私立、公立によっても待遇面が異なります。例えば、小学校、中学校、高校の保健室であれば養護教諭ですから、看護師の資格とは別に養護教諭の□が必要になってきます。そして公立であれば、地方公務員なので安定性と給与面は良いです。しかし私立の場合は学校によって異なります。また、幼稚園や大学の保健室であれば養護教諭の資格はいりませんが、給与や待遇は学校によって様々です。どの学校に勤めているとしても共通して言えるのが、夜勤がなく、休日も規則正しく取れるというメリットがあることです。プライベートの時間を持つことができるので、人気の職場であると言われています。

しかし、養護教諭であれば看護師としての知識ではなく、保健指導や教育をしなくてはいけませんから、教諭としての勉強を求められるので看護師としてのやりがいを感じることがありません。養護教諭は求人数も少ないため、一旦退職してしまうと次を見つけるのに苦労しますから転職や復帰への不安があるのです。また、近年ではメンタル面のケアを重視する傾向となっているために特別授業を実施したり、生徒一人一人の悩みを聞いてあげるなどの業務も増えてきている為、働く側のメンタルへの負担も重くなっているのが現状です。その他、学校の先生とは違って非正規雇用であるケースも存在するので、将来への不安を持っている方も多いはずです。一方、大学や幼稚園などの保健室勤務では、怪我をした時の処置や看護、保険指導や家庭向けのプリントを作成するなどが主な業務です。大学の場合では複数勤務が一般的なので1人の負担も少なく、養護教諭と比べると働きやすいというメリットはありますが、給与面ではあまり良いとは言えないようです。

学校の保健室で働いている看護師の方で転職を検討しているのであれば、看護師の経験不足にならないうちに転職サイトで求人情報を探すようにしましょう。看護師の職場復帰や、ブランクがある方でもスキルアップに力を入れている求人も多く存在します。多くの情報が掲載されているサイトで自分に合った職場を探してください。

また、学校の保健室で働きたいと考えている方は、学校の求人情報はあまり多くありませんので、専門の転職サイトなどで常にチェックするようにしないと募集を見逃してしまうこともあります。

↓看護師求人サイトでは面接対策もサポート!オススメサイトはコレ!

▲このページの先頭へ戻る