1. 【看護師悩みを解消!】TOP >> 向き・不向き

看護師の向き・不向き

看護師は楽な仕事ではありません。もちろん、この世の中に楽な仕事などほとんどないのですが、看護師の大変さはまた独特です。そのため、仕事を辞めたいと思う看護師はたくさんいますし、自分の向き、不向きを考えて悩んでしまう人がたくさんいます。これほど悩みの多い看護師、一体向いている人とは、どんな人なのでしょうか?

■看護師に向いている人は、自分の向き、不向きをいったん棚上げできる人

結論から言いますが、看護師に向いている人の多くは、新人時代に自分の向き、不向きを棚上げできる人だと言えます。新人時代、あるいは新しい部署、病院に移った際は、ミスが必ずおきます。ミスが起きるどころか、ミスしかしていないような気になります。そうした時に、自分の向き、不向きをいったん棚に上げて、前向きに、あるいは鈍感に、何度も頑張れる人が結局は看護師に向いているといえます。

■人にミスはつきもの

ミスと言っても医療ミスだけではありません。ヒヤリハットもミスの1つですし、単純に献血の方法を覚えられなくて、先輩に怒鳴りつけられても、ミスに入るのかもしれません。申し送りで頭がボーっとして、話を聞いていないと怒られてもミスになるかもしれませんし、過労で遅刻をしてもミスに入るかもしれません。

以上のように、人にはミスがつきものです。特に、新人時代は慣れない世界で色々と疲れます。その疲れが新たなミスを誘発し、その悪循環でどんどん深みにはまってしまいます。そう言った悪循環にはまったとき、「私は向いていない」と考えるか、あるいは向き不向きをいったん棚に上げて、「新人だから仕方ない」と図太く割り切れるか、その違いで生き残れる人と、生き残れない人が分かれます。

■看護師国家資格を取得できた時点で、あなたは向いている

ぜひとも覚えておいて欲しいのですが、看護師の国家試験を受験し、合格できた時点で、看護師には間違いなく向いています。厳しい勉強と実習を耐え抜き、国家試験をパスして看護師になったのです。あなたは看護師の仕事が好きなはずですし、すでに最低限の能力を身につけているのです。冷静に考えて下さい。その時の厚生労働大臣が、「あなたは看護師に向いています」と太鼓判を押したから、国家資格がもらえたのです。向いているか、向いていないかで言えば、プロの看護師になれた以上、あなたは向いているのです。他に何が必要でしょうか?

後は、向き不向きという考えを捨てて、どれだけ開き直れるか、その点に掛かっています。頑張って下さい。

↓自分に合った働き方を見つけるのに便利なサイトをご紹介!

▲このページの先頭へ戻る