1. 【看護師悩みを解消!】TOP >> 公立病院

公立病院で働く看護師の悩み

公立病院で働く看護師は、地方公務員という扱いを受けることができます。安定性と福利厚生の充実があるので公立病院を希望する方が非常に多く、倍率が高い難関と言われています。給与やボーナス、退職金、年金が保証されていますし、年齢によって昇給するなどのメリットが存在します。また、公務員という社会的信用を得ることができるので、ローンやカードなどの審査も有利になることが多いです。ですから、見事採用された場合は長く勤める方が多く、新任の方には勤めづらいと感じる環境になっている病院もあるようです。

しかし、公立病院とは地方公共団体が運営する医療機関となりますので、各地方によっての待遇差があります。ですから、勤めている地方によっては、公務員待遇のメリットの他、しっかりとした休みが取れるといったプライベートの時間をしっかり確保できるなどのメリットを感じる看護師もいれば、残業がつかないサービス業務を強いられていたり、公務員という縦社会組織による環境の悪さなどのデメリットで悩まれている看護師もいるというのが現状です。

憧れの公務員になれたのに、実際は想像していたものとは違ったとか、他の職場の方が良いという話を聞いたりして、転職が頭にある看護師も多いはずです。もし転職を検討しているのであればしっかりと計画を立てて行動しましょう。公務員には雇用保険というものが存在しませんので、辞めた後の休職期間中に支給される失業手当がありません。ハードな労働条件を強いられる看護師ですから、体調を崩したりして仕事を継続できない時もありえます。その場合でも雇用保険による手当はもらうことができませんので、もしものことを考えて貯金をしながら仕事を探せるスケジュールを立てておくようにしましょう。それと同時に、看護師という職業は勤める病院の場所や経営者によって待遇差が異なるものですから、自分にとって働きたい職場とは給与面、人間環境、労働条件の何が一番の重要点なのかを決めたうえで求人情報を探すことをおすすめします。

また、現在看護師で公立病院への転職を希望している方は、転職サイトで求人情報を見ることができます。しかし、地方公務員ですから倍率が高いので常に求人が出ているという保証はありませんし、充足してしまう可能性もあります。掲載のチェックを定期的に行うようにしておくと良いでしょう。また、地方自治体に直接問い合わせしてみることもできます。

↓キャリアアップを目指すならこのサイトでの求人検索がオススメ!

▲このページの先頭へ戻る