1. 【看護師悩みを解消!】TOP >> プリセプター

看護師のプリセプターの悩み

新人看護師の皆さん、研修は順調に住んでいますか?プリセプターとしてついてくれた先輩が厳しくて、今にも逃げ出したいと思っていませんか?「もう少し、言い方があるでしょ」 と、傷ついて、泣いてしまう夜もあるかもしれません。「もう、辞めたい」と思ったら、ちょっと立ち止まって考えてみましょう。自分自身ではなくて、先輩看護師、プリセプターの気持ちを、です。

■プリセプターの先輩も、プリセプター初心者

新人看護師の皆さん、意外かもしれませんが、プリセプターとしてついてくれている先輩看護師も悩んでいます。何で悩んでいるのでしょうか?先輩達もプリセプターの初心者だからです。

もしかすると、あなたのプリセプターにとって、あなたが最初のプリセプティーかもしれません。先輩もナーバスになっている可能性もあります。先輩もまた先輩の先輩からあなたのプリセプターになるように、命令をされているのです。もしかすると、たいした準備もないまま、いきなり命じられているかもしれません。

その証拠に、
1、プリセプター同士で、掲示板などにお互いの悩みを持ち寄っている
2、プリセプターに指名される先輩も、まだまだ一人前ではないケースも多い
という現場があるのです。プリセプターの先輩が信じられなくて、顔も見たくないと思ったら、以上の点を考えてみると良いです。先輩も一生懸命なのです。そのぎりぎりの中で、未熟なために思わずきつい台詞を言ってしまっているだけかもしれません。

1、プリセプター同士で、掲示板などにお互いの悩みを持ち寄っている
看護師のお悩み相談室や、各種のインターネット掲示板を、のぞいて見て下さい。多くのプリセプターが、手探りで後輩の指導をしていると分かります。皆さん、厳しさと優しさの狭間で悩み、苦しんでいます。

色々な本を読み、色々な人の意見を聞いて、何とか後輩を育てようと頑張っています。プリセプターの先輩達も、プリセプターの初心者なのです。新人看護師の皆さん、その辺りの先輩が抱えている気持ちに、気づいてあげられていましたか?

2、プリセプターに指名される先輩も、まだまだ一人前ではないケースも多い
あなたの担当になったプリセプターの先輩、何年目の看護師ですか?10年、20年のベテランがプリセプターになるケースは例外で、3年、4年、5年目くらいの先輩がプリセプターになるケースが大半です。考えてみて下さい。3年から5年の経験では、プリセプターを任されている先輩そのものが、まだ勉強中です。

プリセプターの先輩そのものも、自分の悩みにぶつかって、自分の無力さと格闘している最中です。自分の仕事も満足に出来ない人間が、後輩の指導を託されるのです。自分のストレスを、後輩に対して発散してしまうケースなどざらにあります。新人のあなたからすれば、自八つ当たりするなと思うかもしれません。ですが考えてみて下さい。相手だって、まだ世間的に見れば若く、未熟な人間なのです。新人のあなたはプリセプターに多くを求めすぎていませんか?

■理解してから、初めて理解される

新人看護師の皆さん、本当に自分の辛さを理解して欲しいと思えば、まずは相手を理解して下さい。先輩であるプリセプターを理解して初めて、あなたも先輩に理解してもらえます。1度、プリセプターの先輩達の気持ちに、寄り添ってみましょう。

↓希望する条件で求人を探すならこの看護師求人サイトがオススメ↓

▲このページの先頭へ戻る