1. 【看護師悩みを解消!】TOP >> 夜勤手当

看護師の夜勤手当

夜勤に抵抗を感じる看護師も少なくありません。しかし看護師になると夜勤は避けることができません。看護系の学校を卒業して初めて配属になる総合病院や大学病院では、夜勤は避けて通ることができません。新人看護師も夜勤経験して一人前になっていきます。結婚して子育中の看護師には人気のない夜勤ですが、やはり夜勤手当に魅了を感じる看護師は多いようです。育児中の看護師も安心して働けるように各病院とも託児所の整備を整えるなどの工夫がなされています。

そもそも看護師の夜勤には準夜勤と深夜勤の2種類があります。準夜勤は16時半〜24時半、深夜勤は0時〜8時半が一般的なようです。3交代制の病院では準夜勤と深夜勤、日勤のシフトがあり、2交代では夜勤と日勤がセットになっています。各病院により2交代制か3交代かは異なります。例えば勤務シフトも日勤→深夜勤→準夜勤、日勤→日勤→深夜勤など色々あり、同じ病院であっても診療科によって違いもあるようです。総じて勤務時間が不規則になるため、生活リズムに狂いが生じがちですが看護師よっては変則的なシフトを上手く利用している人もいます。

一ヵ月の夜勤平均回数は3交代で8回ほど、2交代では5回程度のところが多いようです。夜勤の魅了は手当にあります。常勤では1回に5000円前後、パートですと3万円のところもあるようです。これも病院により違いがあります。人手不足が深刻なためどの医療機関も看護師の確保に向けて努力を続けています。職員だけで夜勤をやりくりするのは難しいため、夜勤専属のパートを募集する病院が増えています。非正規という雇用形態になりますが、夜勤専属の看護師で働くのもかえって生活リズムが安定するかもしれません。

常勤としての各種手当などは見込めませんが、夜勤専属の看護師は1回あたりの収入はとても高いものがあります。独身者や子育てが終わり自由な時間がもてる看護師には、夜勤専属で働くのも良いかもしれません。育児中のママさん看護師も託児所完備の病院も増えているので、夜勤は不可能ではありません。実家近くの病院で働き、夜勤のときは預かってもらうというのも一つの方法でしょう。転職・再就職する時は夜勤の状況をしっかり確認することが大切になります。2交代制及び3交代、どちらが自分にあっているのかもポイントになります。看護師求人専門サイトに登録して希望の病院を探してもらうのもよいのではないでしょうか。

↓夜勤中心の看護師求人ならこのエージェントで検索を!

▲このページの先頭へ戻る