1. 【看護師悩みを解消!】TOP >> 結婚

看護師の結婚

結婚世代の晩婚化が進んでします。現在の平均初婚年齢は、男性が30.5歳、女性は28.8歳になっています。2010年の生涯未婚率(50歳時点で一度も結婚したことがない人の割合)は、男性20・1%、女性10・6%と高い数値を示しています。このように結婚に対する考え方が劇的に変化しています。背景には非正規社員に代表されるように、不安定な働き方をしているために経済的な余裕がない、なんとなく独身のままでいるなどの心理が働いているようです。生涯未婚率は、これから先も高くなるとみられています。離婚による独身者も加えれば、単身者の数はもっと多くなるでしょう。

女性看護師にも独身の方が多く見られます。看護師の仕事はやりがいがある反面とてもハードです。仕事に没頭するあまり美人の看護師が婚期を逃すということもよくあります。しかし晩婚化が指摘される時代であってもたくさんの看護師が結婚していきます。20代後半になれば寿退社で病院を辞めていく看護師が少なくありません。結婚しても働き続ける看護師もいますが、一区切りとして多くの看護師が退職していくようです。

看護師の結婚相手はやはり同じ医療従事者が多いようです。同業者の看護師はもちろん、作業療法士や理学療法士といったリハビリ技師、レントゲン技師と結婚する方が目につきます。同じ病院で知り合う機会があるようです。他の病院の医療従事者でも合コンなどによる出会いのチャンスがたくさんあります。医療従事者と結婚するとメリットがあります。お互いを理解できることです。看護師として働くことは忙しく、配偶者の理解は絶対不可欠です。夜勤などがあり不規則な生活になるため、病院の事情を知らないと夫婦仲が急速に悪くなることがあります。医療関係者なら看護師の仕事の大変さを十分理解しています。結婚するなら医療従事者がオススメのようです。

公務員と結婚する看護師もけっこう見られます。女性看護師は美人が多く、気立ても良いと感じるのでしょか、結婚相手としてとても人気があるようです。結婚と同時に個人クリニックに転職する看護師もいます。クリニックなら夜勤もなく、家庭生活にも支障を及ぼすことがありません。看護師はパートや短期契約などの雇用形態が充実していますので、どのような働き方でも選んで仕事を続けることができます。結婚しても仕事を続けたい女性は多くいますが、看護師はいろいろな選択肢が用意されていますので、恵まれた環境にあるようです。

↓結婚生活に向いた求人をお探しならこのサイトで検索!

▲このページの先頭へ戻る