1. 【看護師悩みを解消!】TOP >> 給料が安い

看護師の給料が安い

看護師は、給料が高いと良くいいますね。実際のところはどうでしょうか。彼らの平均年収は500万円前後です。これは、近年のサラリーマンの平均年収400万円と比較するとかなり高いようです。そして、それらのの給与は景気、不景気に左右されることがあまりなく、不景気でもそれなりの給与がもらえるようです。

ただ、看護師は労働条件が過酷なことでも知られています。夜勤や休日勤務などが多く、労働時間も長いのです。夜勤は手当が高く、夜勤や残業が多いためにかなりの給与がもらえています。しかし、夜勤や休日出勤をしない看護師の給与は大分下がってしまい、場合によっては一般のOLの給与と変わらないといった事もあるようです。一般のOLと変わらないようでは少し損な気がしますよね?看護師は肉体労働ですし、人とのコミュニケーションの多い仕事で気を使いますし、まして資格を取得しなければ働けない専門職です。

ただし、看護師といっても、就職先によって給与はだいぶ異なっています。まず、正社員で働く場合ですが、仕事内容もきつい大学病院や総合病院は比較的給与が低めです。ただし、残業や夜勤も多いのでその分で多くなることがあります。また、クリニック勤務になりますと、クリニックの種類にもよりますが、准看護師で働く人は300万円程度、看護師は350万円程度という数値もでています。クリニックの中でも、美容外科などは平均的給与が高く、450万円前後の給与をもらっているところも多いようです。こうしたクリニックでは残業も殆どなく、宿泊施設もないので夜勤もありません。

総合病院の中には市立の病院と私立の病院があります。市立は公営ですので、市立病院に勤務すると公務員扱いになります。そのため、公務員の給料と同等の給与が支給されることになります。市立に勤めると、公務員試験を受けなくても公務員として働くことができます。市立には公務員として長く勤めれば退職金なども充実していますし、毎月の給与も35万やそれ以上のところも多くあります。市立の場合は、自治体によっても給与は異なりますが安定していると言えるのではないでしょうか。

自身の給与が安いと思ったら、転職も視野に入れたほうが良いかもしれません。給与が大幅に上がったという例も多くあります。まずは、専門の転職支援サイトに登録して条件の良い求人を探すようにしましょう。サイトはインターネットで探せば沢山見つかりますので、1つだけでなく幾つか登録しておいたほうが良いでしょう。転職サイトに登録すれば給与の高い非公開求人なども紹介してもらえます。

↓希望する条件で求人を探すならこの看護師求人サイトがオススメ↓

▲このページの先頭へ戻る