1. 【看護師悩みを解消!】TOP >> 退職理由

看護師の退職理由

新入社員の3人に1人が3年以内に会社を辞める時代です。最近の若者は「忍耐力がない」「弱くなった」などの悪口が聞こえてきそうですが、昔からこのような傾向があったとのことです。今に始まったことではないようです。看護師の世界も転職はよくあることです。しかし看護師は一般的な会社員とは事情が違います。会社員の場合は職種が変わったりと、前職とは違う進路を選ぶことが少なくありません。看護師は専門職のため転職を考えても、看護職として再就職先を考えるのが普通です。

看護師の仕事はハードです。あまりにもハードなため退職を考えるのは必然ともいえます。このようなことから勤務シフトを工夫する医療機関も出てきましたが、いまだ重労働な職種であることには間違いありません。仕事に没頭するあまり色々なことが起きています。その代表例は病気です。医者の不養生ということわざがありますが、医療機関で働くスタッフは忙しいため不摂生になりがちです。看護職の仕事は特にハードなため身体を壊す人も少なくありません。最近問題なのがうつ病などの精神疾患です。身体だけではなく精神面も疲弊している看護師は多くいます。

若い女性看護師の中にはライフプランを考えて病院を退職する人もいます。業務があまりにも忙しいため恋愛もままならない状態です。美人の看護師が婚期を逃すということもよくあります。看護師に限らず若い女性にとって恋愛や遊びはとても大事なことです。仕事に没頭するあまり気がつけば30歳を超えてた、との話はよく聞きます。仕事だけに心血を注ぐという訳にはいかないようです。他の病院への転職のみならず、看護師として働くことを辞める人も少なくありません。看護師不足が深刻な中、人材は益々不足しています。

また人間関係に悩み医療機関を退職する看護師もいます。人間関係による退職はどの職業にもありますが、看護師の世界は特に同僚や医師との関係が難しいとも言います。どの職業でも人間関係によって転職する人が多い時代です。看護師も例外ではありません。しかし看護師の転職はハードルが低く、多様なニーズがあります。総合病院から転職する場合も個人病院はもちろんのこと、老人ホームや障害者施設などの求人が山ほどあります。給与水準も高いためとても恵まれた環境にあります。福祉施設などでは看護師は貴重な存在のため、現場でリーダー的な立場になることがよくあります。退職を前向きにとらえることができるのも看護師ならではです。

↓看護師求人サイトはサポートが充実!専任のコンサルタントがつきます!

▲このページの先頭へ戻る