1. 【看護師悩みを解消!】TOP >> リーダー業務

看護師のリーダー業務

現場のリーダーとして業務をこなすことに、不安を感じている看護師の方は実に多いようです。経験を積んでいくとリーダーとしての職責を任せられることは仕方ないことですが、他方では責任者としての喜びを感じることができるます。経験を積んで実績を重ねていくと責任あるポストの打診はいつあるか分かりません。経験年数が経つと他の病院や施設への転職、退職するをことを考えたりする機会があるかもしれません。得てしてこのような時期に、現場のリーダーとして推薦されたりするものです。看護師の中には迷う方が少なくないようです。

主任看護師になるといっそう責任を実感することになります。現場の看護師への指導や助言などを行わなければなりません。一般企業でもそうですが特に若者への接し方について悩む上司が多いようです。病院では若い看護師がたくさんいますので、主任看護師の苦労は絶えないでしょう。しかし部下の中には年上の看護師もいて、むしろこちらの対応の方に頭を抱える主任看護師もいると聞きます。上司として言うべきことはいう、しかし若い看護師とは違う目上の人としての接し方が必要との意見もあります。波風を立てない工夫もリーダーには必要なようです。

中間管理職としての主任看護師は微妙な立場にあります。上司には看護師長、部下には現場の看護師と、上下板ばさみの位置にいるため相当なストレスが溜まるります。思い通りに看護師を動かせない、時には看護師長の代行として業務全般を担当しなければならない。看護師が起こすかも知れない重大事故やインシデントなど、医療の根幹に関わる問題にも対応しなければならないことがあるかもしてません。このようにいろいろな業務をこなしていたら残業なども増え、時間通りに帰宅することもままならないこともあるでしょう。家庭との両立に支障がでるかもしれません。

しかし何事も経験です。ステップアップするには重い責任を負わなければなりません。失敗することや思い通りにいかないこともたくさんあるでしょう。それは誰だって同じです。コツコツを実績を重ねていくことが成長の秘訣です。主任看護師から看護師長になれば比べものにならないほど責任は重くなるでしょう。ある看護師長は、「若い頃怒られていたばかりの私でも師長になれた」と言っています。看護師のリーダー業務は成長のチャンスです。長い看護師生活を送る上で大きな糧になります。リーダー業務を経験することで将来の転職にも役立つでしょう。

↓希望する条件で求人を探すならこの看護師求人サイトがオススメ↓

▲このページの先頭へ戻る