1. 【看護師悩みを解消!】TOP >> 働きながらの就職活動

看護師の働きながらの就職活動

看護師の転職は珍しくはありません。看護師の仕事は他の職種に比べてもかなり忙しいと言われています。一般的な会社員では新入社員の3人に1人が3年以内に会社を辞めて行きます。サラリーマンの場合、転職を考えるときに働きながら就職活動する人は少ないのではないでしょうか。退職届を出してハローワークなどで求人活動をするということが普通でしょう。一部のエリートな職種では、ヘッドハンターによる引き抜き活動が行われています。しかしこのようなことは例外中の例外でしょう。また転職すると収入が下がってしまいます。日本では多くの企業が終身雇用を前提に給与水準が決まるため、一部を除いて不利な状況にあります。看護師の転職事情とはかなりの違いがあります。

看護師は専門職のため転職を考えても、看護職として再び働くことが一般的です。会社員が転職すると前職とは違う進路を選ぶことが少なくありません。看護師とは大きく違います。またサラリーマンの場合、年齢が上がるにつれ圧倒的に条件が悪くなります。正社員としての再就職が難しくなります。看護師はベテランになるほど専門的なスキルが評価され、好条件の就職も十分可能になってきます。看護師の転職の最大のメリットはその多様性にあります。医療機関によっては年齢制限が設けられているところもありますが、看護師の人手不足を背景に年齢不問を掲げる病院が増えています。

看護師は必ずしも勤めている病院を辞めずに就職活動することも可能です。看護職として転職・再就職を考えるため、働きながら他の医療機関と交渉することができます。専門の診療科や経験年数を見ることである程度、各看護師のスキルをはかることができます。やはり看護師という専門性をもった職業ならではの条件の良さだと言うことができます。働きながら就職活動ができるので当然、収入も入ってきて生活に支障を及ぼすことがありません。

働きながら就職活動ができるといっても一人でリクルートすることは無理もあるでしょう。そもそも転職・再就職のノウハウが全くありません。そこで利用したいのが看護師転職サイトです。ネットで会員登録すれば、希望条件の病院を探してくれます。専門のカウンセラーが面接の仕方などを指導してくれます。働きながらの就職活動にもほとんど影響を与えません。細かなところまでサポートしてくれますので、安心して利用することができます。きっとあなたのご希望の医療機関が見つかると思います。

看護師求人サイトはあなたの就職をサポート!オススメサイトはココ↓

▲このページの先頭へ戻る