1. 【看護師悩みを解消!】TOP >> 離島

離島で働く看護師の悩み

離島で働く看護師は少ないため、「離島応援ナース」などの看護師不足解消とする仕組みがあります。離島応援ナースは、実は一般の病院に比べて給与が高く、平均月収は30〜50万円と言われています。また、住居の無料提供や引越しや旅費などの負担もあるなどの雇用条件が良かったり、離島ならではの自然に囲まれた場所で癒されるなどのメリットがあるのです。

しかし、現実的に離島で働いている看護師はとても大変です。離島では医療現場に従事している人の数が非常に少ないので、医療行為はもちろん事務作業や雑務まで一人で複数の業務をこなさないといけません。更に、当然医師はいますが、サポートできる能力が必要になってきます。離島に住んでいる老若男女全ての方のもしもの時に対応できる、幅広い知識や豊富な実務経験が常に求められます。実際に勤務してみて、自らの知識や経験の無さに痛感させらる方も多く、やっていけないかもと感じてしまうようです。そして最大の問題は、職場環境の急激な変化で身体やメンタルがついていかないために、離島の生活の不便さや、住民同士のコミュニケーション、仕事の難しさなどのちょっとしたことが大きなストレスとして溜まってしまうのです。大自然をうまく活用してストレスコントロールを上手にできる人でないと、体を壊してしまうなどの影響が出てしまうでしょう。

離島で働いていて転職を考えているなら転職サイトを利用してください。求人窓口や求人情報誌は近くにないでしょうし、離島の方にとっては退職してほしくないと思われているでしょうから、周りに相談もしづらいかもしれません。離島に限らず看護師不足による求人情報を出している病院は全国に多数存在します。転職したい希望の地域の情報も掲載されていますので、自分が希望する内容の病院をじっくり探してみましょう。

また、現在看護師で離島で働いてみたいと考えている方にも転職サイトの利用をおすすめします。マリンスポーツやスキューバ、フィッシング、ゴルフ、サーフィンが好きな人、自然に囲まれていたい人や、環境を一変させたい、高収入を得たい、地域の人と繋がりを感じたいなどの希望がある方には向いていると言えるでしょう。また、半年間のみの短期募集もあるので、短期間で高収入を得たい人にも最適な求人です。離島応援ナースの求人は一般募集では見ることがなかなかありません。転職サイトで求人情報を探してみましょう。

↓看護師求人サイトでは面接対策もサポート!オススメサイトはコレ!

▲このページの先頭へ戻る