1. 【看護師悩みを解消!】TOP >> 面接

看護師の面接

看護師の転職・再就職は珍しくはありません。看護師は頻繁に転職が行われています。看護師は専門職のため再就職の際にも好条件の募集が揃っています。雇用形態も常勤や非正規を問わず、ブランクあり・土日休み・夜勤なし・夜勤専従などの条件も好きに選べます。一般的な会社員の転職ではこのような条件を選べることは稀です。正社員での就職・転職も難しい時代に、ある程度のワガママが通るのも今の看護師事情が見え隠れしています。勤め先も大学病院からクリニック、介護施設や障害者施設など多様な医療・福祉施設の求人がたくさんあります。

一般的な会社員の場合、余程の能力がないかぎり好条件の転職はできません。採用の決め手は職歴や面接などを総合的に判断します。コミニュケーションが苦手の人は面接では圧倒的に不利になります。自分の思いが上手く伝えられないため、評価が下がってしまい面接官の印象も悪くなってしまいます。逆にコミニュケーション能力が高くても専門的なスキルがなければ、求人者に魅力を感じることができないでしょう。どちらにしてもサラリーマンの転職・再就職はとても難しい時代になっています。

看護師が転職・再就職する際はもちろん面接があります。看護師にもいろいろな性格の方がいて、お喋り上手な人やコミニュケーションが苦手な人もいるでしょう。面接が苦手の方は本来なら不利な状況ですが、看護師の人手不足が深刻な今は事情が異なるようです。圧倒的に看護師の売り手市場になっていため、医療機関では喉から手が出るほど看護師が欲しい状況です。看護師の人柄も重要ですが職歴などを参考に、求めている人材であれば無条件で採用される時代です。

看護師が圧倒的に有利なため、面接の時は猛アピールすることが大事になります。採用する病院側も給与に加え、小ささ子供がいるママさん看護師には託児所など福利厚生を全面的にアピールするようになっています。需給のバランスが崩れているため、看護師の売り手市場になっているのです。求職者の立場から見ると、面接の時に思い切って高い条件を提示するのも一つの方法です。多少のワガママも通る状況です。面接に臨む際は事前に希望の条件をまとめておくことが大切です。後から後悔しないためにも、思い切ってご自身の考えをはっきりと伝えることが重要です。まだ当面は看護師有利の転職事情は変わることがなさそうです。委縮せずにリラックスして面接に臨みましょう。

↓看護師求人サイトでは面接対策もサポート!オススメサイトはコレ!

▲このページの先頭へ戻る