1. 【看護師悩みを解消!】TOP >> 人間関係

看護師の人間関係

どの職場でも人間関係に悩んでいる人は多いものです。悩む程度ならまだしも次第にうつ状態、そしてうつ病に進行すると厄介になります。職場での人間関係と言ってもその状態はさまざまです。同じ立場の同僚との仲もあれば、ウマの合わない上司との関係もあります。一般的には、人それぞれ合うあわないの相性があります。性格が違えばトラブルが増えるかもしれないし、同じような価値観や趣味があれば意気投合ができるでしょう。

基本的に相性が合わない人とは付き合わなければよいですね。しかし職場でそのようなことができません。そもそも大人が「あの人嫌いだから」と駄々をこねることなどできません。子供じゃないんですから。だから最低限の付き合いはしないといけません。「おはようございます」「こんにちは」の挨拶はもちろんですね。当たり前ではないかと思うかも知れませんが、最近は挨拶もしない若者が増えているとも言われています。職場ではなおさら仕事が終われば「お疲れ様」と同僚に声をかける。関係が壊れるとこのような基本的な社交辞令もなくなることがあります。

職場では相性が合わない人とでも最低限の付き合いをしなければなりません。当然、業務上の連絡や報告をしなければならないし、会議でのやり取りも必要になります。苦手な人だからと関わらないことなどできないのです。これは看護師の世界でも同じです。ましてや病院や介護施設など利用者の命を預かる身では、スタッフとの意思疎通は絶対条件です。病院では特に人間関係が難しいとの声を耳にします。医療機関の場合、他の職場とはいろろな意味で違うところが多いのも事実です。一般的にどの職場でも、人格に問題がある人(言い方が悪いかもしれませんが)や意地悪の人はいます。

看護師の場合は特異なことに、もうひとつ過重労働があげられます。病棟勤務などはハードな職場のため、どの看護師も心身とも疲れ過剰なストレスにさらされています。このような付加的な要因が人間関係をより悪化させているとの指摘もあります。最近では各病院とも働きやすい職場を合言葉に、勤務シフトを工夫する取組が始まっています。少しでも柔軟な働き方ができれば人間関係にも役立つでしょう。しかし相性の問題はどうすることもできません。悩みが深刻な時は転職も視野に検討した放が良いでしょう。看護師は免許制のため再就職しやすいとのメリットがあります。多少収入が下がっても条件の良い募集はあります。

職場環境を改善することで今の悩みは解決するかも!まずは相談を!

▲このページの先頭へ戻る