1. 【看護師悩みを解消!】TOP >> 円満退職

看護師の円満退職

看護師の退職事情にはいろいろなことが背景にあります。過労によるものや人間関係、結婚・子育てなどの私的な事情など。どのような職業でも職場を辞めるときは円満に行きたいものです。ゴタゴタして退職するのは労使双方にとって不幸なことです。特に人間関係が原因で職場を辞めるときは円満退職とはいかないでしょう。医療機関では複雑な人間関係が少なくなく、同僚との関係から辞職する看護師もいます。各病院とも職場環境の改善に取り組んでいますが効果はあまり出ていないようです。

一般的な職種でも定年まで同じ会社に勤め続ける労働者はどのくらいるでしょうか。新人社員でさえ3年以内に3人に1人が退職することは有名な話です。大企業になるほど離職率は下がりますが、今の時代リストラや倒産など当たり前のように起こり、意思にかかわらず定年まで働ける人は幸せかもしれません。定年まで一つの病院に勤める看護師は少ないようです。多くの看護師が退職・転職をしていきます。看護師の平均勤続年数6〜7年程度と言われています。長いか短いかは微妙なところです。しかし看護師の忙しい業務内容からすれば納得できる数字です。

晩婚化の時代でも20代後半から既婚率は増えますので、この時期に退職する看護師のピークが大きくなっても不思議ではありません。結婚・出産で辞めることができるのなら円満に退職することができます。周りの同僚も祝福してくれるでしょう。結婚・出産の時期も分かっているので、スケジュールに合わせて辞めていくことができます。病院側も余裕をもって補充要員を探すことができるでしょう看護師不足が深刻な中、簡単には代替要員を見つけるのは難しいですが、事前に申し出があればスムーズに業務引き継ぎができます。

問題は突然、退職されることにあるでしょう。もちろん退職は個人の自由で、とやかく言われる筋合いではありません。しかし人手が足りない看護師が突然やめるとなると病院側も困るでしょう。病気などで辞める場合は仕方がありませんが、できることなら退職する2〜3ヵ月前には病院側に伝えていたいものです。人間関係などによる不満型の辞職であっても、これなら円満に退職することができるのではないでしょうか。看護師は専門職であり、それぞれ専門の診療科に属していますので、一般の企業のようにすぐに人が集まらないのが現実です。病院側も納得できる形で退職することできれば理想とはいえるでしょう。

↓看護師求人サイトは円満退職もサポートしてくれます。

▲このページの先頭へ戻る