1. 【看護師悩みを解消!】TOP >> ファーストレベル

看護師のファーストレベル

どのような職業でも経験を積んでいけば管理職を就くことになります。公務員なら昇任試験に合格して 管理職ポストに就きます。民間企業では管理職に就くことで給与が若干さがったり、マネジメントのアレルギーから管理職ポストを拒否する人も少なくありません。公務員でも負担増を嫌い一般職のままで良いと考える人が増えているということです。一昔前は誰でも出世を目指していたものですが状況は変わりつつあるようです。しかし出世意欲のある人も多いのも事実です。

看護師の世界でも例外ではありません。看護師の場合は経験を積んで行くとは必要ですが、管理職を目指す時は認定看護管理者のカリキュラムを受けなければなりません。日本看護協会が看護管理者の資質と看護の水準の維持及び向上を目的に認定看護管理者の制度を設けました。認定看護管理者の教育課程には、ファーストレベル・セカンドレベル・サードレベルの3つの課程があります。ファーストレベルは看護師として必要な管理に関する基本的知識・技術・態度を習得する制度です。研修を終了すればファーストレベルの修了証が授与されます。ファーストレベルは認定看護管理者の登竜門といったところでしょうか。

ファーストレベルの研修教科目には、看護管理概論・看護専門職論・ヘルスケアシステム論など計150 時間の受講が必要になります。受講をされる際はご自身の都合との調整も必要になるでしょう。ファーストレベルを終了すれば、セカンドレベル及びサードレベルを目指しキャリアアップしていきます。認定看護管理者になれば視野も広がり、看護師としてのやりがいも増えるでしょう。もちろん認定看護管理者の資格を得たからといって万全ではありません。日頃の研さんはもちろん重要ですが、管理職としての自覚は生まれてくるでしょう。是非チャンスのある看護師はファーストレベルから受講してみてはいかがでしょうか。

2012年にファーストレベルが受講できる教育機関は次の通りです。都道府県看護協会の47教育機関、上尾中央医科グループ協議会、国際医療福祉大学看護生涯学習センター、聖路加看護大学看護実践開発研究センター、日本赤十字社幹部看護師研修センター、財団法人東京都福祉保健財団、神奈川県立保健福祉大学実践教育センター、北里大学看護キャリア開発・研究センター、広島大学病院看護実践教育研修センター、西南女学院大学 認定看護管理者教育課程、九州看護福祉大学看護キャリア開発支援センターなどです。

↓キャリアアップを目指すならこのサイトでの求人検索がオススメ!

▲このページの先頭へ戻る