1. 【看護師悩みを解消!】TOP >> デイサービス

デイサービスで働く看護師の悩み

デイサービスで働く看護師は、お年寄りの自宅に通所して介護や健康面のチェックをするのが仕事となります。入浴が可能な状態なのかなどのバイタルチェックや、薬を服用している患者の薬の管理などが主な仕事です。医師が同行しないので、判断を任されることになりますから、ある程度知識や経験がある看護師でないとできないと言われています。

しかし、医療現場ほど医療行為に携わるわけではないので、新しい知識や技術を身に着けることができません。そのため転職するには不利になるのではと不安に思う方も多いようです。また、患者さんの自宅に行って直接やり取りをするために、医療の知識や技術以上にコミュニケーション能力を求められます。中には、対話が難しい患者さんもいるので叱られたり、文句を言われることもありますから、ストレスを感じてしまうなどの悩みもあるようです。その他デイサービスでは人手不足や業務が体系化していない現場も多く存在します。そのため看護師としての仕事よりも、介護士のような仕事の方が多いので、体力的にもハードな仕事も少なくありません。看護師の資格を取って看護師として勤務しているのに資格や知識、技術を活かす場がないことに不満を抱いてしまうという声も少なくないのです。

デイサービスは自宅に通っての作業なので夜勤はありませんし、患者さんの生命に関わるほどの医療行為があるわけではないので、そういった面での精神的ストレスなどの不安がないというメリットもありますが、看護師として仕事をやっていきたいなどの気持ちがある方には向いていない職種です。現在デイサービス勤務で転職を考えているのであれば、医療は常に新しい技術や知識を必要とされますから、ブランクが長くなる前に転職先を探すことをおすすめします。転職サイトでは、ブランクがある看護師でも復帰をサポートしてくれる求人情報など多数存在します。複数の求人から自分の復帰しやすい場所を見つけてください。

また、現在看護師の方でデイサービスで働いてみたいと考えている方にも転職サイトの利用をおすすめします。デイサービスは、患者さんと近くに感じることができる職業なのでコミュニケーションを取りながら働きたい方には向いています。また、シフトも固定なので急な出勤などもなく家庭がある方や時間に余裕を持ちたい方などには人気の職種です。ブランクがある方でも復帰しやすい職場なので、まずは求人情報を探してみてください。

↓看護師求人サイトでは面接対策もサポート!オススメサイトはコレ!

▲このページの先頭へ戻る