1. 【看護師悩みを解消!】TOP >> 治験

治験で働く看護師の悩み

治験で働いている看護師は、治験コーディネーター、またはCRCと言われています。看護師として病院で臨床試験の経験を積んだ方がなることができます。治験コーディネーターは試験を受けて合格したり、管理職などにステップアップすることで、大幅な年収アップが見込めるメリットはありますが、転職当時は病院勤務時代に比べると年収が低くて生活が苦しいと感じる方も多いようです。その他、企業なので規則的な休みが取れたり、有休などが存在するのでプライベートの時間を確保できるとか、医療現場とは異なり、患者さんの生命に関わるほどの医療行為は行われません。ですから、常に気を張っているなどの精神的負担は少ないというメリットがあります。

しかし、看護師として働く職場の中でもダントツでパソコンに向かっての事務作業の量が多いため、一般企業に勤める事務員と同じく、目の疲れや肩こりに悩んでいる方も多いです。そして重要な悩みとしては、一社会人として雇用されているので、会社の利益を求められます。看護師一人一人に目標を設定される形になるので、プレッシャーが辛いというものとか、企業内で様々な人間と会話したり、得意先に戦略を立てたりなどのコミュニケーション能力を求められる職場でもあります。営業などが苦手な人にはストレスが溜まってしまう職種です。また、治験とは薬が有効なものかどうかを判断したいという企業側の思惑と、看護師としては患者(被験者)を最優先に考えたいという志との狭間に立たされているのが辛いというのが、転職を考えてしまう悩みのようです。その他、医療現場における医療行為を行うことはありませんので、治験からの転職の場合は、ブランクによる経験不足が不安になってしまう方も多いようです。

治験からの転職を考えているのであれば、少しでも早く新しい職場に付いて看護師としてのブランクを補う時間を確保したいですから、勇気を持って早めに動くことをおすすめします。その勇気が踏み出せないとお悩みの方もいるでしょうから、転職サイトの相談窓口を利用してみるのも良いでしょう。自分にとって何が合っているのかをじっくり考えることができる機会になります。

また、現在看護師で治験で働きたいと考えている方も転職サイトの利用をおすすめします。特殊な職業のため、一般ではあまり募集が掲載されていないことも多いので専門の転職サイトでないと求人を見つけることができない職場もあります。

↓看護師求人サイトでは面接対策もサポート!オススメサイトはコレ!

▲このページの先頭へ戻る