1. 【看護師悩みを解消!】TOP >> 子育て

看護師の子育て

女性の社会進出が進み晩婚化が顕著に表れています。また結婚しても仕事を続ける女性が多いため、子育との関係が昔とは大きく変わってきました。高度経済成長期のママさんはほとんどが専業主婦のため四六時中、子育と一緒にいました。しかし最近は仕事をしながら子育てする女性が増えたため、託児所や保育所に子供を預けることも珍しくはありません。24時間の託児所も登場するなど時代は様変わりしました。

看護師は夜勤などで時間が不規則なため、子育てにも苦労することが少なくありません。このため看護師は出産を機に病院を退職することもあります。子育てに集中するためには病院で働くことに限界を感じてしまいます。託児所に幼い子をを預けることに不安を感じるママさん看護師もいます。そもそも夜間に子供を預かってくれる託児所が少ないことです。24時間の託児所は都会でもそうそうありません。地方では特に大変です。病院も小ささ子供がいるママさん看護師には託児所など福利厚生を全面的にアピールしていますが、多くの医療機関で24時間保育が実現している訳ではありません。

病院を退職して専業主婦になったり、他の職業に転職する看護師もいます。しかし個人クリニックに再就職する看護師も少なくありません。日勤で働いても夜勤はないし、夕方には仕事が終わることから仕事と子育てを十分両立させることができます。収入面は劣っても規則正しい生活ができるため、クリニックは人気があるようです。クリニックはアットホームの雰囲気からスタッフ同士の仲も良く、子供達を招いて食事会などのミニイベントがよくあります。子供とのスキンシップがはかれることからも、看護師にはクリニックの評価が高いようです。

働きながら子育てする方法のひとつに実家近くの病院に勤める方法があります。実家の親なら気兼ねなく子供を預けることができます。祖父母となら子供も安心して留守番していられるでしょう。祖父母と一緒にいることにより情操教育にも役がたちます。パートや短期契約で働くこともオススメです。非常勤なら自由な時間を作ることでき、子供と居られる時間を多く作れます。また、子育てにより離職した看護師も研修が充実した医療機関が増えてきましたので、ブランクがあっても十分適応して働くことができます。ご自身の条件に合う病院を探す時は、是非とも看護師転職サイトをご利用ください。とっても手軽に使用できるところが魅力です。

↓希望する条件で求人を探すならこの看護師求人サイトがオススメ↓

▲このページの先頭へ戻る